熊本県にふるさと納税によるご寄附をくださった方に贈呈している「感謝の品(返礼品)」。

第7回は、昨年12月から新たに加わった「くまもとのシトラスジュース」をご紹介します。

シトラスジュース
温州みかん、デコポン(+温州みかん)、甘夏(+温州みかん)、晩白柚(+はちみつ) の4種類の柑橘類(シトラス)のジュース(180ml)が2本ずつ、計8本入り。
「デコポン」をはじめ、熊本生まれの柑橘類もあるなか、満を持してご準備したセットです。


熊本県のみかんの収穫量は、全国第4位(2018年)。
多種多彩な柑橘類が手ごろな値段で店先に並ぶ熊本では、柑橘類は県民にとって一番身近な果物であり、一家言ある人も少なくない「ソウルフルーツ」です。

*
ということで、「くまもとのシトラスジュース」を購入し、スタッフ6人で「利きジュース大会」を行いました。

IMG_9871
あいにく「晩白柚」のジュースが品切れでしたが、デコポン、甘夏、温州みかんの3種類が揃いましたので、これで決行です。

IMG_9874
 番号を付けた紙コップに3種類のジュースを注いでスタッフに配付し、どの柑橘類のジュースか、6人のスタッフに答えてもらうことに。


IMG_9875
見た目の時点で2番のジュースだけ色が黄色いので、飲む前から「甘夏だな」と分かるところ、そのことは暗黙の了解の下で大会を進めようとしたのですが、日ごろから分かりやすい指示をストレートに出すことで人望が厚い我々スタッフのボスが、
「2番は甘夏でしょう」
とあっさり言い切ってしまったため、残りの1番と3番について、どっちがデコポンでどっちが温州みかんか、当てに行く大会にシフトチェンジ。


1番と3番は、見た目はほとんど差はありませんが、飲んでみたら明らかな差があって、全然別物のジュースだとのこと。
3番は「いつも飲んでる100%のオレンジジュースと同じ味」、

1番は「何だかちょっと風味が違う」

という感想でほぼ一致。

(↑ 「柑橘類は熊本県民のソウルフルーツ」とか大きく出た割に、何のひねりもない薄い感想)

 

結果、6人中5人が
「1番がデコポン、3番が温州みかん」
ということで正解しました。

ただ1人不正解だったスタッフがおそらく、一番柑橘類を好んで日常的に食べているはずなのですが、それもまぁ、そんなものかもしれません。(←適当)


最後は皆で、

「おいしいですね。これなら、県外の方にも喜んでいただけますよね」

という平和な感じで「利きジュース大会」は終了しました。


この日は手に入らなかった晩白柚はまた、違う風味と色(甘夏よりさらに黄色い)です。


ということで、すべて柑橘類、似た雰囲気のびんジュースの詰め合わせですが、全然違う4種類のジュースをお楽しみいただけます。

このセットでお届けできるのも、2019年3月31日の寄附分(入金済分)までです。

熊本県にご寄附をいただける方、ぜひ「感謝の品」としてお選びいただき、ご賞味ください。


★熊本県へのふるさと納税  「くまもとのシトラスジュース」は、こちらから(ふるさとチョイスにリンクします)。
   https://www.furusato-tax.jp/product/detail/43000/4552986


   ※1万円以上のご寄附をいただいた県外在住の方に贈呈しています。